わたしの生き方

人間って意外と幸せになれるんだよなぁ・・・

おはようございます!Ayakitaです

先日、何気なくつけたテレビに、変なアフロの人が出ていました(稲垣さん、すいません笑)

その当時は存じ上げてなかったので、「何このヒッピーな人?」と思っていたのですが、話を聞いていくうちに

「このひとなにもの???!!!」

と、彼女のことをもっと知りたい、という欲に駆られていきました

なぜって、テレビで

「毎月の電気代は150円代」

って言っていたんですよ??!信じられます?また、

「私は、幸せのハードルを地につくまで落としたい」

とまで言っていました。
こんなん興味出て当然ですよね!!!早速メルカリで、彼女の著書「寂しい生活」を買って読ませていただきました。

 

結論、人間って幸せになるためにそんなにモノはいらないんですよ。稲垣さんの考えは「ミニマリスト」にも通ずるところがあります。

モノって、買った瞬間はとても幸せになるけど、その幸福感っていうものは悲しいことに段々薄まっていくし、さらには「もっと欲しい、もっと欲しい」と、欲が欲を生み出している

結局、「物欲」って、終わりがないんです。

私の価値観として「自由」があります。わたし、自由にいきたいんです。贅沢はしなくても良いから、お金はたくさんいらないから、とにかく「自由」に生きたい。

稲垣さんのお話は、そんなわたしの切なる願望(笑)を肯定し、具現化していて、なのでこんなにも惹かれるのだなと思います。

稲垣さんは、「あれ?意外と自分って、これっぽっちで生きれるんだ・・・」

と、悲しくなったと同時に、病人のように自分に繋がれているプラグが、ポタポタと自分から外れていった、と言っていました(素敵な直喩)

「生きるのに、お金全然いらないじゃん!」ということに気づいた彼女、なんとその後アーリーリタイアしてしまいます

わたしは、その考えと行動がもたらす結果の一部始終を本で読んで、全くもって感動してしまいました。

「自分」を生きすぎている。素敵すぎる・・・

 

あと、稲垣さんみたいな生き方すると、地球にも優しくなれるので、一石二鳥です!(むしろ彼女の原点はそこだった。女神ですね)

なので、わたしも

「健康な生活」

「安いもので暮らす(値段と中身に相関性は、常にあるとは限らない)」

「電気はこまめに消す」

「オーブンのコンセントは外す」

「夜は電気を使わないよう早く寝る」

「米と汁があれば幸せ」

 

のように、少しずつですが、稲垣さんの生き方を手本に、「いま」を生きています。

スペイン語の事業を成功させたい気持ちも勿論あるので、でも焦らずにマイペースに「質素で満足な生活」を楽しんでいきたいと、そう思います