スペイン語

gustoをネイティブはこう使う!【学校では習わないスペイン語】

こんにちは!あやきたーたです★

今回は、ネイティブもよく使うあの単語、gustoを使ったフレーズを紹介していこうと思います!

スペインで、こんなgustoの使い方するんだぁ!という発見が多々ありましたので

みなさんのスペイン語学習の手助けになれば幸いです^^

¡Vamos a empezar!

 

 

Estoy a gusto.

「ちょうど良い、快適な」

Hace un poco de frío, ¿verdad?

(ちょっと寒くない?)

¿Ah, sí? Estoy a gusto.

(そう?ちょうど良いよ)

a gustoで「快適な」「心地良い」といった意味になります!

agustoと書くかa gustoと書くか、ネイティブでも意見が分かれたりするそうですが、正しくは、前置詞のaと分けてa gustoのように書く方です!

 

¡Qué a gusto!

「快適な」

例えばベッド、ソファに横になっているとき、お家にいるときなど

「快適な」シチュエーションで使います

cómodo, sentirse comodoに近い表現・感情で

おそらく聞き馴染みのある

¡Qué cómodo!

と同じ意味合いですね!

普段こちらを使っている方は、新しい表現にチャレンジしてみてはどうでしょうか!

ベッドや家でくつろいでいるときに、使ってみましょう!

 

¡Qué gusto! 

「気持ち良い」

さきほど挙げた表現と似ていて、ややこしいですよね!

aがあるかないかの違いですが、結構違いはハッキリしています

se siente bienと同等の表現だと言えます

どういうシチュエーションで使えるかというと

仕事終わりにビールを飲んでいるとき🍺

マッサージをしてもらっているとき・・・

湯船に使っているとき・・・♨️

つまり、具体的なことをしているときに使います

まさしく、日本語の「気持ちいい〜〜!」に相当しますね!

 

Tienes buen gusto.

「センスが良いね」

gustoには「センス・美的感覚」という意味もありまして、そちらを使った表現もよく聞きます

Tienes buen gusto para vestir.

(服のセンスいいね!)

 

逆に、センスがないという表現は

Tener mal gusto

になります!

 

Mucho gusto.

「初めまして」

こちらは先ほどとは打って変わって、使うシーンが変わってきますね!

Encantado/aと同じ意味になります!

 

 

Sobre gusto no hay nada escrito. (ことわざ)

「たで食う虫も好き好き」

好みは人によって違う、さまざまだという諺にもgustoが使われています

スペイン語はこういった諺や言い回しのような言葉が多く使われる言語ですので

覚えてて損はなし!

 

まとめ

以上、gustoについてまとめてみました!

新しい発見などはありましたでしょうか? 実際に私が留学や、スペイン人と関わる中で聞いたフレーズを挙げているので、実用性は高いのではないかと思います!

「これ使ってみよう!」という表現をぜひ一つ選んでもらって

自分のものにしていってくださいね( ^ω^ )

Muchas gracias por leerlo hasta el final. ¡Chao!