フレーズ

“Cómo te atreves a volver” by Morat(歌詞和訳付き)で楽しくお勉強♪【スペイン語✖️音楽✖️あやきーた】

こんにちは!Ayakitaです〜♪

今回は私が大好きなバントMoratの、またまただーいすきな曲”Cómo te atreves a volver”を扱いたいと思います♡

和訳をつけて、使えそうな表現もまとめてみました!

それでは ¡Empezamos!

“Cómo te atreves a volver”

#1

Hoy me pregunto qué será de ti

君がどうしているか考えてるんだ

Te tuve cerca y ahora estás tan lejos

君は隣にいたけど今はもう遠くにいる

Pero prohibirme recordar lo nuestro es imposible

でも、僕たちはもう終わったんだって

Es imposible

思わないようにしてるんだ

No me perdono se que te perdí

君を手放してしまった自分が許せないんだよ

Pero expiraron los remordimientos

でももう後悔はし尽くしたんだ

Fui dictador y el no dejarte ir

君を行かせない僕は独裁者で

debió haber sido mi primer decreto

最初の命令を出すべきだったんだ

Cuatro años sin mirarte

4年間君と会わずに

Tres postales y un bolero

3枚の絵はがきとボレロ

Dos meses y me olvidaste

2ヶ月で君は僕を忘れて

Ni siquiera me pensaste un 29 de febrero

2月29日に僕のことを思い出しもしなかったね

*[Andan diciendo por la calle

こう言いながら道を歩いてる

Que solo le eres final al viento

風に向かう君はなんて孤独なんだって

El mismo que nunca falta

裏切らない風と一緒

Para levantar tu falda

君のスカートを持ち上げる風

cada día de por medio

2日おきにね

Cómo te atreves a volver

よく戻ってきたよ

A darle la vida a lo que estaba muerto

もう死んでしまったものに命を与えるために

La soledad me había tratado bien

孤独は僕に優しかった

Y no eres quien para exigir derechos

君に権利を求める資格はないよ

Cómo te atreves a volver

よく戻ってこれたね

Y a tus cenizas convertir en fuego

君の灰を火に変えるなんてことを

Hoy mis mentiras veo caer

今日、僕の嘘が落ちていく

Que no es verdad que te olvidé

君を忘れたことは本当じゃないんだ

Cómo te atreves a volver]*

よく僕の前に戻ってこれたね

#2

Por qué volviste si te vas a ir

行ってしまうのにどうして戻ってきたんだ

Tantas mentiras que al final no veo

多すぎる嘘はもう意味がない

Nunca fui bueno para distinguir

嘘と真実を見分けることは得意だったことはない

Al fin y al cabo siempre me las creo

最後にはいつも嘘を信じてしまうんだよ

Cuatro vidas me juraste

4つの人生を僕に誓ったよね

Tres te odio y un te quiero

3は君が大嫌い、1つは君が好きなんだ

Dos consejos para darte

君に2つ忠告するよ

Prefiero ser un cobarde que olvidarte de primero

僕の方から君を忘れる愚か者になりたいんだ

*[ ] 繰り返し

Cómo te atreves a volver

よく戻ってこれたもんだよ

Me hiciste daño pero sigo vivo

君は僕を傷つけたけど、こうして生き続けてるんだ

Contigo yo me acostumbré a perder

君とは失うことに慣れてしまった

Mi corazón funciona sin latidos

僕の心臓は鼓動がなくても動くんだよ

Cómo te atreves a volver

よく戻ってこれたね

Y a tus cenizas convertir en fuego

君の灰を火に変えるなんてことを

Hoy mis mentiras veo caer

今日、僕の嘘が落ちていく

Que no es verdad que te olvidé

君を忘れたことは本当じゃないんだ

Cómo te atreves a volver

よく僕の前に戻ってこれたね

 

Cómo te atreves a

Cómo te atreves a volver

よく僕の前に戻ってこれたね

「よく〜できるね!」英語はhow dare

atreverse “〜する度胸がある”という意味です

皮肉や怒りを表す方法として

¡Cómo te atreves a venir después de lo que hiciste!

(あんなことをした後でよく来れたな!)

とも言えますし

「〜する勇気(度胸)がない」という感じでも使えます!(普段使いできるのはこっちかな笑)

No me atrevo a subir la montaña rusa.

(ジェットコースターに乗る勇気がない)

No te atreves a dispararme.

(お前に俺なんて撃てないだろう)

 

Ni siquiera

Ni siquiera me pensaste un 29 de febrero

2月29日に僕のことを思い出しもしなかったね

「〜すら・・・ない」not even

Noを強めた言い方ですかね!

No me dijo adiós.

(バイバイと言わなかった)

Ni siquiera me dijo adiós.

(バイバイすら言ってくれなかった)

名詞や前置詞の前でも使えます^^

動詞を強める時はnoがつかないのに対して、それ以外は否定文に付け加えるので、動詞にnoは必要です!

No pude salir ni siquiera un momento.

(少しも出る時間がなかった)

No tengo tiempo ni siquiera para comer.

(ご飯を食べる時間もない)

 

No eres quien para…

Y no eres quien para exigir derechos

君に権利を求める資格はないよ

「あなたに〜する資格はない」

直訳は「あなたは〜のための人ではない」という風になるかと思いますが

「あなたに〜する権利はない」と意訳するとわかりやすいですよね!(この表現、辞書に載ってました!)

No eres quien para decirme nada.

(君にとやかく言われる筋合いはない)

No eres quien para juzgarme a mí.

(私を判断する資格はあなたにはない)

Mismo que…

El mismo que nunca falta

裏切らない風と一緒

「〜と同じ」

日本語では”〜と”ですが、conではなく「比較」を表すqueを使います〜!

Pues, tomaré lo mismo que tú.

(じゃあ、君と同じものを飲むよ)

形容詞なので、性数一致します!やっかい!

Tiene la misma edad que yo.

(私と同い年なのよ)

igualも用法一緒

Tengo una camisa igual que esa que llevas.

(あなたが着てるそれに似たシャツを持ってるわ)

Entonces, eres igual que los demás.

(所詮、君も他の奴らと変わらないんだな)

Al fin y al cabo

Al fin y al cabo siempre me las creo

最後にはいつも嘘を信じてしまうんだよ

「結局のところ・ついに」

めっちゃ聞きます!al finと一緒ですが、リズムが良くてこっちの方が言いたくなる笑

Él tenía toda la razón al fin y al cabo.

(結局、彼が正しかった)

Al fin y al acabo todo salió a la luz.

(最後にはすべてが明るみに出た)

 

 

 

さぁ、今回はMoratのCómo te atrevesとともにお送りしました!

リズムが良くて、ボーカルの声も素敵でずっと聴いていられますよね♡

Moratの歌はストーリー性のあるものが多く、スペイン語学習にも最適です!

では、最後まで読んでいただきありがとうございました〜!Chao