フレーズ

Nana Triste by Natalia(歌詞和訳つき)楽しくスペイン語をお勉強♪【日常で使えるフレーズも学ぼう!!】

こんにちは!あやきーたです

今回は、私が最近よく聞いているNataliaちゃんの曲”Nana Triste”(哀しげな少女)を紹介したいと思います!歌詞と訳と、ちょっとしたフレーズもまとめています

それでは ¡Vamos a empezar!

Nana Triste

 

Sé que hay cosas que me digo

(自分に言うことがあるのは分かっている)

Que no tienen que pasar

(起こるべきではないこと)

Se despiertan del olvido

(忘れたものから目覚める)

Vuelven pa’ hacerme llorar

(私を泣かせるために返ってくる)

Yo me quedaría contigo

(あなたと残るわ)

Una, dos, tres noches más

(多くの夜を)

Si no hubiera roto el hilo

(もし糸がちぎれなかったのなら)

Ojalá, volver atrás

(後に戻ることができたのなら)

No te culpo de mi pena

(僕の悲しみは君のせいじゃない)

No te culpo de mi mal

(僕の悪いことも)

Te construiré un castillo

(君のためにお城を作るよ)

Con tu’ lágrima’ de sal

(君のしょっぱい涙と一緒に)

Te cuidaba como un niño

(君を子どもように世話していた)

Que no sabe caminar

(歩くこともできないような)

Déjame que te proteja

(君を守らせてくれ)

De lo que pueda pasar

(起こりうることから)

Dame paz y dame guerra

(平和を、戦争をくれ)

Dame aliento, cuídame

(息をくれ、僕を世話してくれ)

Clavelitos en tu pelo

(君の髪のナデシコ)

Los tatuajes de tu piel

(君の肌のタトゥー)

Hoy supura y supura

(今日は、膿がでる)

Lo que ayer sabía a miel

(昨日は蜂蜜の味がした膿)

Yo maldigo a mi cordura

(自分の分別を嘆く)

Palomita, llévame

(鳩よ、私を連れて行って)

Dame paz y dame guerra

(平和を、戦争をくれ)

Dame aliento, cuídame

(息をくれ、僕を世話してくれ)

Clavelitos en tu pelo

(君の髪のナデシコ)

Los tatuajes de tu piel

(君の肌のタトゥー)

Hoy supura y supura

(今日は、膿がでる)

Lo que ayer sabía a miel

(昨日は蜂蜜の味がしたのが)

Yo maldigo a mi cordura

(私の分別を嘆く)

Palomita, llévame

(鳩よ、私を連れて行って)

A ti te maldigo, y a tus lágrimas de sal

(君を恨むよ、君のしょっぱい涙も)

A ti maldigo, no me vas a hacer llorar

(あなたを恨むわ、私を泣かせたりしないでしょう)

Porque un niño que no es mío

(だって男の子は、私のではないもの)

Nunca lo debí cuidar

(育てるべきではなかったのよ)

 

culpa

No te culpo de mi pena

(僕の悲しみは君のせいじゃない)

culpar“〜のせいにする”という動詞もありますが、日常的に使うのは名詞のculpa

No es culpa tuya.

(君のせいじゃないよ)

Es culpa mia.

(私のせいだ)

という風に、所有格を使って「誰の責任なのか」と表現する方法もあるし

No tenga la culpa.

(僕は悪くない)

Tienes la culpa de todo.

(すべてアンタのせいだわ!)

と動詞”tener”を使って言うこともできます!

気をつけたいところは、tuya miaのculpaは定冠詞がついていなくて

tenerのほうのculpaは定冠詞が必要です!なぜかは分からない!!笑

たくさん言って口に覚えさせましょう♪

 

Palomita

Palomita, llévame

(鳩よ、私を連れて行って)

Paloma「鳩」

ですが、それに縮小時をつけると

「ポップコーン!!!」🍿🍿

になってしまうのです!

palomitas de maíz

(とうもろこしのポップコーン)

ということも(ごくたまに)

Nunca nos falta la palomita cuando vemos película.

「僕たちが映画を見る時は、ポップコーンは欠かせない」

 

ちなみにこの歌詞の中では、単に「鳩ちゃん」や「小さい鳩」の意味でpalomitaと言っていますね!🍿ではない笑

 

saber a

Lo que ayer sabía a miel

(昨日は蜂蜜の味がした膿)

みなさんが知ってるsaberって「知る」ですよね?

なんと!なんと!!

「味がする」という意味のあるのです!

しかも単体では使えないヤツで、前置詞aが必ず必要なんです

例えば

¿A qué sabe ese yogur?

「そのヨーグルト、何味?」

Sabe a fresa.

「イチゴ味だよ」

ちなみに!この歌詞にもあるように、saber a …. の….に入る名詞は、絶対無冠詞なんですよ〜〜!!

ここで質問

¿Cuál podrías comer el curry que sabe a caca o la caca que sabe a curry?

「うんち味のカレーかカレー味のうんこ、どっちなら食べれる?」

日本ではとってもcomúnな質問ですよね!¿A que sí?

先日これで盛り上がった大学4年生(笑)そろそろ危ない(笑)

 

 

さて、以上で私の中で最近きているNataliaちゃんの”Nana triste”を使ったスペイン語講座を終わります!

とっても可愛いので、ぜひぜひ他の曲もチェケラしてくださいね!

もはやここにのっけちゃいます!素敵なpvで癒されてください♡

 

Pues chicos, nos vemos muy pronto!  Chao,