文法

【ポイント3つを覚えるだけ!!】スペイン語「点過去・線過去」の違いを解説してみたよ!

Hola todos! Ayakitaでこざいます

最初に習う文法ですが、意外と使い分けが難しい点過去(pretérito del indicativo)と線過去(pretérito imperfecto del indicativo)・・・

とある外国語大学でスペイン語を専攻しておりました、筆者が拙い文章ではありますが解説をしたいと思います!

¿Estáis listos? ¡Vamos a empezar!

 

ポイント① 期間の長さが明確な場合、点過去!

過去に継続していた行為は、線過去を使います

しかし!期間の長さ(終了時点も明確に)を表すことばがあった場合、継続的な行為でも点過去を使います!

Cuando era niño, vivía en Barcelona.

Cuando era niño, viví seis años en Barcelona.

上の文は、小さいとき(過去)に継続して行っていた行為を示しています

一方下の文は、それにseis añosと付け足されています!期間の長さ(終了時点)が明示されているので、viví と点過去になるんです

Trabajaba en la oficina de correos. (郵便局で働いていた)

Trabajé en la oficina de correos diez años.

 

ちなみに、en diez años とはなりません。意味が大きく異なり「10年後に」となります

Llegará el tren en cinco minutos.(電車はあと5分でくる)

 

ポイント② 過去の習慣は、線過去!

Paseaba con mi niña por aquí.

(よくこのあたりを娘と散歩したのものだ。)

Cuando era estudiante universitaria cocinaba casi todos los días.

(大学生だったときはほとんど毎日自炊していた。)

ポイント③ 背景描写は線過去、メインの出来事は点過去!!

El año pasado llegó una chica nueva a clase. Era china, de Pekín. Con un mapa nos explicó todo sobre su país y su ciudad.

Me encantó conocerla, pero justo cuando empezábamos a ser amigos de verdad tuvo que marcharse. Fue una verdadera lástima. Me quedé muy triste.

(去年僕のクラスに新しい女の子が転校してきた。彼女は中国人で北京出身だった。地図を使って、彼女の国と街について僕たちに説明してくれた。

彼女と会えてとても嬉しかった。だけど本当の友達になり始めたちょうどその時に、彼女はまた転校しなれければならなかった。それは本当に残念で、僕はすごく悲しくなった。)

メインの出来事は点過去で、そこに至るまでのサブ的内容背景描写は線過去です

 

おまけポイント④ 時刻は線過去!

Cuando llegué a casa, ya eran más de las dos. (× fueron)

「〜時だった」と時刻で過去の場合は線過去で言います!「eran las…」 となります

cuando era… 「…だったとき」のように、そういうものだと丸ごとで覚えてしまいましょう!

おまけポイント⑤ 従属節queのあとは線過去!

原則:主節の動詞と、従属節queのあとの動詞は時制を合わせなければなりません

主節の動詞が過去である場合、従属節の動詞は「線過去」であらわすという決まりがあります

 

例えば

Pablo me dijo que le gustaban los melones.

(メロンが好きなんだとパブロは言った)

Pensaba que no querías venir.

(来たくないと思っていたわ)

No sabía que estabas en casa!

(家にあなたがいるなんて知らなかったわ!)

 

主節が過去だったら従属節は「線過去」!と覚えておきましょう(例外もありますが)

おまけポイント⑥ 線過去「〜しようとした」

“iba a 〜”「〜しようとした」となります

Iba a salir de casa cuando ocurrió un terremoto.

(家を出ようとしたとき、地震がおきた)

 

しかし次のように、線過去を使っての言い換えが可能なんです!

Salía de casa cuando ocurrió un terremoto.

(家を出ようとしたとき、地震がおきた)

例をもう1つ

Cerraba la puerta cuando me habló un chico.

(ドアを閉めようとした時、男の人が話しかけてきた)

どちらも、「家をでていない」「ドアは閉めていない」と意味になります

ここをおさえることで、会話も分かりやすくなりますよ!

 

まとめ

以上、点過去と線過去の解説をさせてもらいました!

いかがだったでしょうか?分かりやすかった・・・かな?ちょっとは晴れた部分もあったら嬉しいです!

他にも、文法などで目から鱗!や、これ共有したい!と思った内容はどんどん記事にしていきたいと思います!

では、Hasta luego chicos! gracias por leerlo!

 

—————————

オンラインスクール”Viva La Vida”を運営しております

授業で思い切りアウトプットをし、授業外の時間でインプットを全力でサポートします!(勉強サポート、添削、学習報告など)

毎日少しでも良いのでスペイン語に触れていき、Ayakitaと一緒に、なりたい自分になっていきましょう!

オンラインスクール" Viva La Vida"Viva La Vida Twitter Instagram...