スペイン語

接続法を使いこなそう!!【ネイティブがよく使うフレーズをシェア!】

こんにちは〜Aykaitaです!

さて皆さん、接続法は得意ですか?

”接続法を制す者はスペイン語を制す”と言っても過言ではないぐらい

接続法はスペイン語を理解する上で、とっても重要な文法です!

ルール化されている部分もあるので

ネイティブがよく使うフレーズとともに、接続法をマスターしていきましょう★

¡Vamos a por ello!

接続法ルール

勿論これで全てカバーできる!という訳ではありませんが、大体は以下のいずれかに分類することができます

まず、大原則はこちら!👇

接続法 = 不確定なこと・現実とのギャップ というイメージ を持ってね!

 

強い確信のないことを述べるとき

〜かもしれないけど、確信はない・・・というときに使います

代表的なのはQuiza, Ojalá… といったものと一緒に主に使われます

A lo mejorに関しては、もっと確信度が上がるので接続法ではなく直接法がくることに注意!

Quizá llueva mañana.

(明日雨が降るかもしれない)

Quizá no lleguemos a tiempo.

(時間通りに着かないかも)

Ojalá pudiera entrar en esa empresa.

(あの会社に入れたらなぁ)

 

特定できない物・人・事柄を述べるとき

特定できない、存在するか分からない物や人を修飾する動詞は、接続法になります

“不確定”という接続法のイメージ通りの使い方です

Quiero vivir en un piso donde se pueda tener mascota.

(ペットが飼えるマンションに住みたい)

Eso depende de dónde vayas.

(それは君がどこにいくかによるよ)

 

未来のことを述べるとき

反復する事柄・習慣的なことは直接法を使うという違いに注意です!

他の接続詞で、未来を表すときも基本接続法がきます

Llámame cuando puedas.

(できるとき電話して)

En cuanto termine esta pandemia, iré a verte.

(コロナが収束したら、すぐに会いに行くよ)

 

直接法を使うcuandoの例文は以下です!

Cuando vuelvo a mi casa natal, siempre engordo.

(実家に帰省すると、いつも太ってしまう)

 

Es … que 〜 のとき

「〜は…だ」というときは、基本的には接続法がきます

しかしとっても重要な注意点があります

Es normal que se compren cosas por Internet hoy en día.

(インターネットでものを買うことは今となっては普通のことだ)

Es muy importante que se duerman por lo menos 8 horas.

(少なくとも8時間寝ることはすごく大事だよ)

確固たる事実を述べるときは直接法を使います!

seguro, obvio, verdad, cierto などの形容詞が代表的です

なぜなら、接続法は「確実性の弱い」ものなので「確固たる事実」を述べる形容詞とは相性が悪いのです

客観性のあるものは直接法、主観的で意見を述べるにすぎないことは接続法

 

Es verdad que la mayoría de los jóvenes japoneses no quieren casarse.

(日本の若者の大半が結婚願望がないということは事実だ)

 

主語が違うとき

これはどんな動詞でも応用できますね!日常会話でもこのルールを使うことがとにかく多いので、まずはよく使う動詞から押さえていきましょう

 

Me alegro de que te haya gustado.

(君が気に入ってくれて嬉しいよ)

Me han pedido que lo envíe por correo.

(これを郵送で送るよう頼まれた)

Espero que te lo pases muy bien.

(楽しく過ごせますように)

Te regalo este libro para que puedas aprender cosas de la vida.

(君が人生について学べるよう、この本を君にあげるよ)

 

意見を否定するとき

「現実性の弱い」という接続法の特徴を掴めたら、ここも「なるほどなぁ〜!」となるのではないでしょうか?

No creo que sea posible.

(それが可能だとは思わない)

No creo que ganen en este partido.

(この試合で彼らが勝てるとは思わない)

 

否定命令文

普通の命令(肯定命令)の際は違いますが、否定命令文のときは接続法の出番です!

頭使いますよね〜、スペイン語の接続法って・・・

No comas tanto.

(そんなにたくさん食べちゃダメよ)

No te vayas.

(行かないで)

No hablen en voz alta sin mascarilla, por favor.

(マスクなしで大きな声で話さないようにお願いします)

 

慣用句

以上にあげたルールに関係なく、慣用句的に接続法が使われる表現もたくさんあります!

こちらは使っていきながら覚えていきましょうね!

使用頻度が高いものばかりなので、要チェックです

 

¡Venga!

(さぁ!ほら!)

¡Vaya!

(まぁ!)

Que yo sepa…

(私が知っている限り)

Como quieras 

(君の好きなように)

Lo que tú digas

(whatever, なんでも)

Pase lo que pase

(何が起きても)

 

まとめ

さぁ、いかがでしたでしょうか!今回はちょっとヘビーな内容になりましたが

接続法に対する苦手意識がちょっとでも減ったら嬉しいです♡

接続法を制する者はスペイン語を制す!

一緒に頑張っていきましょう〜

Muchas gracias leerlo, ¡chao!